25イソジン液を洗浄用器へ注ぐ

◆150cc程度入る容器(プリンの容器だったかな)イソジン液を約5cc入れる。

 

 


◆生理食塩水にて満タンに希釈した洗浄液を造る。

 

 

◆洗浄液を50cc容量の注射器へ吸い込む。
◆カテーテルの口へ接続する。
◆洗浄液を注入して注射器を素早く引く。
◆3回繰り返す。

 


◆2回目は生理食塩水のみを150cc程度入る容器へ注ぐ。
(イソジン液が膀胱壁を痛めるのでイソジンの使用を極力抑える)
◆洗浄方法はイソジン混入有りと同じ。

 

120膀胱瘻入口消毒
◆カテーテルが入っている膀胱瘻入口を、イソジン液を含んだ綿棒にて消毒する。

 

 

◆膀胱瘻入口の消毒後、滅菌Y字切込ガーゼ(白十字株式会社)にて覆い保護する。
膀胱瘻の入口から悪露が出てくるので処置は必須です。

 

 

 

紙状のバンソウ膏を手配する。その他のテープを一日中貼り付けていて、皮膚炎症を起こした事があった。

 

 

 


◆上記の紙テープにてY字切込ガーゼ丸めて固定する。

 

 

<処置のやり方を大雑把に説明しましたが、詳細の説明が欲しい方は、お問い合わせページからメール下さい>